日本人はこれを食べてきた

漠然としている和食の定義

 

2013年、「和食」がユネスコの無形文化遺産に登録された。

 

このことはテレビや新聞でも大きなニュースとして取り上げられ、世界的にも、和食の人気が高まっています。

 

これを機に、「日本の伝統的な食文化の良さを見直そう」とする動きも活発です。

 

実は、ユネスコには「和食」以外にも、食に関する無形文化遺産が4つあります。

 

「フランスの美食術」「スペインーイタリアーギリジャーモロッコ4力国の地中海料理」「メキシコの伝統料理」「トルコのケシケキ(麦がゆ)料理」です。

 

「和食」はそれらについで、5件目の登録となったのです。

 

しかし、農林水産省が推薦し、ユネスコが太鼓判を押した「和食」は、私たちが日常的に口にする食事とは、少し異なるようです。

 

では、ユネスコが認めた「和食」とは、具体的にどのようなものだろうか?

 

農林水産省の提案書によれば、「南北に長く、四季が明確な日本には多様で豊かな自然があり、そこで生まれた食文化もまた、これに寄り添うように育まれてきた」。

 

農林水産省は、このような「自然を尊ぶ」日本人の気質に基づいた、食に関する「習わし」を和食=日本人の伝統的な食文化として、ユネスコ無形文化財に登録申請したといいます。

 

農林水産省による「和食」の定義は以下の4つ。

 

1、多様で新鮮な食材とその持ち味の尊重
日本の国土は南北に長く、海、山、里と豊かな自然が広がっている。
魚一つとっても、北陸地方のサケ、関東のブリ、九州のクエなど、各地で地域に根差したさまざまな食材が用いられてきた。
また、素材の味わいを活かす調理技術・道具が発達している。

 

 

2、栄養バランスに優れた健康的な食生活
汁物と3種類のおかすがらなる日本料理の基本的な膳立て、一汁三菜の食事スタイルは、理想的な栄養バランスである。
また、出汁などの「うま味」を上手に使うことによって、動物性油脂の少ない食生活を実現しており、長寿、肥満防止に役立っている。

 

 

3、自然の美しさや季節の移ろいの表現
盛り付けや食材などで、自然の美しさや四季の移ろいを表現している。
春の梅、秋のもみじなど、季節の花や葉などで料理を飾り付けたり、調度品や器を利用したりして、季節感を楽しんでいる。

 

 

4、年中行事との密接な関わり
 正月のおせち、桃の節句のちらし寿司、お彼岸のぼたもち、おはぎなど、日本の食文化は、年中行事と密接に関わって育まれてきた。
自然の恵みである「食」を分け合い、食卓を共にすることで、家族や地域の絆を深めてきた。

 

以上です。
非常に漠然としているという印象かも知れません。

page top