江戸の四季・春

野遊びと摘み草

 

摘み草は百年の寿命をのばす

 

江戸時代、「一日の遊びは百年の寿命をのばす」(「江戸繁昌記」)といって、春になると野遊びに出かけ、摘み草をしながらのんびりと過ごしました。

 

そして、芽生えたばかりの青草の上を歩くことによって、春の精気を取り込んだのです。

 

これを「踏青」といいました。

 

江戸の町をちょっと郊外に出ると、いたる所に野原や土手がありましたが、人気があったのは上野の山隅田堤、飛鳥山(北区)などで、春のうららかな日の光を浴びながら、せりやのびる、ふきのとう、よめななどを抽んで楽しみました。

 

江戸時代の女性はあまり外出する機会はありませんでしたが、若菜摘みは花見とともに数少ない楽しみなイベントでした。

 

冬の間に欠乏していた若菜を採取し、その中に含まれている成分をとるためにも大切だったのである。

 

若菜摘みで人気があったのが、よめな。キク科の多年草で、土手や道端などにいまでもよく生えています。
江戸時代の川柳でその食べ方をみてみることができます。

 

 猪口の嫁菜に かつお節の 綿ぼうし

 

 

「猪口(小食器)に盛ったよめなのおひたしにたっぷりかけたかつお節が綿ぼうしのように見える」という意味で、現在の食べ方と同じです。

 

天ぷらやよめな飯にしても美味しい。

 

よめなの古名はうはぎで、「万葉集」にすでに登場しています。

 

 春日野に 煙立つ見ゆ 娘子らし
  春野のうはぎ 摘みて煮らしも 

 

「娘たちかワイワイはしゃぎながら、摘んだぱかりのよめなを煮て食べているらしい」というほどの意味。

 

らっきょうのような爽快な辛味のあるのびるも、江戸っ子の好きな野草だったのです。

 

 草を分け 根を掘っている のびる取り

 

いまでも同じように野草をかき分けながらのびる堀りをしています。

 

摘み草

 

摘み草は春迎えの行事

 

日当たりのよい小川の土手などに群生しているのが、ふきのとう。

 

摘んで、現在と同じようにふき味噌にしたり、薬味などにしたようです。

 

次の川柳は

 

「良薬」を苦味にかけてある。

 

  吸ひものの 良薬□に 蕗(ふき)のたう

 

摘み草の中でも古くから使われてきたのかよもぎ。

 

独特の香りを放つ薬草でもあり、野山や道瑞、土手、荒地などいたる所に自生する強い生命力を待っています。

 

その薬効について、元禄八年(1695年)の「本朝食鑑」には「腹中をあたためて、冷えを防ぐ」とか、「あらゆる病気を冷して長わずらいの人をおこす」などとあります。

 

  おらが世や そこらの草も 餅になる

 

草餅がテーマで、「そこらの草」はよもぎのこと。餅草とも呼ばれているように古くから餅に用いられてきました。

 

抗酸化力がきわめて強く、細胞の癌化を防ぎ、脳や血管などの酸化、つまり老化を防ぎます。

 

抗酸化成分のおもなものはカロテン、ビタミンC、E、それにポリフェノール類。緑の色素はクロロフィルで浄血や殺菌、血液をサラサラにするなどの働きがあります。

 

よもぎに限らず若菜にはビタミンや薬効成分が多く、春を元気に迎えるためには欠かせない成分だったのです。

行楽人気でどんどん豪華になっていったお弁当

 

春は、行楽のシーズンである。行楽を古くは「野掛け」といいました。

 

「野駆け」と同じで、もともとは山の神、野の神と一緒になって野山を走り回り、共に楽しむところに意味がありました。

 

冬ごもりで哀えた生命力を、芽生えのはじまった町や山で神と遊ぶことによって、よみがえらせるのです。

 

春になると、草木がよみがえり、芽を出し若葉をのばす。その若い芽に宿った春の精気に接し、食べることによって、新芽のエネルギーを取り込み、体に活力をつけるのです。

 

若葉を摘んだり、野山で神さまと遊ぶことを「野駆け遊び」といい、そのルーツが「万葉集」に出ています。

 

 春の野にすみれ摘みにと 来し吾ぞ
   野をなつかしみ 一夜宿にける 

 

「春の野原にスミレを摘みにきた私ですが、この野があまりにもなつかしかったので、とうとう帰りそびれ、そこで寝て過ごしてしまいましたよ」

 

という意味で、山部赤人の作です。

 

単に食用にするためのスミレを摘むということだけではなく、大地に抱かれて一夜過ごすことによって、地母神の生命力を全身で吸収するという意味もあります。

 

「一夜宿にける」というのは、草々が放出する薬効性の高い香気によって、一種の森林浴効果を取り込むことにもなるのでしょう。

 

 

一日の遊びは百年の寿命をのばす

 

行楽には、野掛けばかりでなく、「磯遊び」「潮干狩り」もあるのはいうまでもありません。しかし、楽しみは、やはり弁当です。

 

「一日の遊びは百年の命をのばす」(『江戸繁盛記』)といって、江戸時代の人たちは各地の野遊びの名所に出かけて行ったのです。

 

行楽というと、何といっても人気のあったのは花見です。

 

天保三年(1832年)に刊行された『江戸繁昌記』は、書名が示すように江戸の繁昌ぶりをユーモラスに写したもので、その面白さから当時たいへんなベストセラーになった本です。

 

その中には江戸の行楽の名所として、上野の山、隅田川の堤、品川の御殿山、そして飛鳥山などがあげられています。

 

とくに人気の高かったのは、隅田川と上野で、手習いの師匠が多くの弟子を連れて行くし、御殿女中も仲間といっしょにやってくるのでした。

 

赤穂四十七士で有名な大石良雄に扮装した酔っぱらいの藩士もいれば、「儒者の先生は腰に酒の入ったひょうたんをぶらさげ、若い弟子が背に重い弁当箱を負い」という人もあり、いずれもそれぞれの弁当箱にたくさんのご馳走を詰めて出かけていったのです。

 

 

野掛けぶるまい

 

行楽に持参する弁当を「野掛けぶるまい」といい、重箱や弁当箱にのりまきやちらし鮨、煮しめ、卵焼き、かまぼこ、煮豆、あえもの、たくあん漬けなどを詰め、酒はひょうたんなど別の容器に入れて持って行くのです。

 

容器は段組みの「提重」が一般的で、それぞれの重箱に料理や鮨、のりまきなどを詰めますが、ほとんどが塗り物でヽこれを「弁当重」と呼びました。

 

外箱に提げ手がついていて、中に重箱を何段かに分けて入れますが、徳利などの酒器も収められており、凝ったものになると、小さな火鉢がついていて、熱燗をつけることもできます。

 

「堤重」のなかには、小箪笥のような構造をしたものもあり、椀や皿、汁入れ、醤油さし、酒器、盆、水筒、重箱などがコンパクトにセットされていて、その奇抜なアイデアと遊び心には感心させられるのです。

 

風流人の間で用いられたのが「茶弁当」で、野点用のお茶遊具セットと茶菓子箱が、すべて組み込まれており、提重になっているのです。

 

このような物見遊山用の弁当が発達したのは、平和が続いた江戸時代になってからで、その中に詰める料理として、彩りが良くて汁気の出ないかまぼこや、卵焼きなどが人気を呼んだのでした。

 

行楽弁当、駅弁

 

 

 

 

春関連ページ

江戸時代に和食は進化。いまのかたちになる
江戸時代に和食は進化。いまのかたちになる
冬に豆腐を食べて体を清めていた。

 

だから、歩くのがいい日本茶。かんたんガイド ビタミン・ミネラル便利事典あなたの知らない健康茶「むくみ」を知る