一日三食の習慣いつから?

「一日三食」の習慣。いつから?

 

現代社会では、一日の食事の回数は「3回」が普通となっています。

 

とくにやせるためのダイエットをしている人など以外、朝・昼・晩と、規則的に食事をとることが健康によいとされているのです。

 

しかし、奈良時代には一日2食が普通で、しかも、2食目を「再食」と呼んでいました。

 

当時のことは主に貴族階級の食生活の記録しか残されていないのですが、都では、庶民も同様の食生活であったと推察されます。

 

平安時代には、食事の時間もだいたい決まり、朝食は午前10時ごろ、夕食は午後4時ごろにとるのが一般的だったようです。

 

その合間に、漬け物といっしよにお茶を飲んだり、お菓子を食べたりはしていたが、「おやつ」的なものでしかなく、やはり食事は一日2回だったのです。

 

一方で、田舎で農作業をする庶民は、当時から一日3食、または、4食とっていたようです。

 

屋外での作業だから、必要に応じて食べていたと思われます。

 

朝早くから屋外で仕事をすれば、それはお腹も空くというものです。

 

室町時代の宮仕えの女中が書いた『御湯殿上日記』には、宮中の貴族がどのように生活をしていたか克明に記されています。

 

その中に、「昼折くもじ参る」という記述があります。

 

この「くもじ」とは、現在も北陸地方に残っている菜っ葉の煮物の一種のことです。

 

「昼折」としていることから、朝と夕方の主食の合間、昼ごろに軽い食事をとっていたことがわかります

 

日本で、現在のように『朝・昼・晩』の一日3食をとるようになったのは、江戸時代の初めのようです。

 

徳川幕府の政治が安定し、人々の生活に余裕が生まれてきて、しかも、夜も灯明が発達したことで、日が暮れても明るい環境で過ごせるようになったのです。

 

従って、夜、暗くなってから帰宅しても、ゆったりと食事をとることができるから、昼間は仕事に専念できるのです。

 

朝、食事をとったら、昼あたりに軽く昼食、それから暗くなるまで働いて、晩御飯となるのです。

 

ただし、それはおもに屋外で仕事をしていた当時の職人などの人々の話で、現在の都会人のように、デスクワークで過ごす場合、一日3食は少しばかり多すぎるかもしれないですね。

一日三食の習慣関連ページ

江戸の食事情
日本人は古くから「雑穀雑炊」の主食文化民族である
箸の話
日本の食の文化は、「箸の文化」です。
和食の作法
日本料理の並べ方、食べ方には作法があります。

 

だから、歩くのがいい日本茶。かんたんガイド ビタミン・ミネラル便利事典あなたの知らない健康茶「むくみ」を知る