枝豆のこと

君は枝豆を知っているか?

 

茄でたてでもいい、よく冷えた枝豆でもまたいい。
濃いグリーンのさやに納まったつややかな豆で噛むと爽やかで甘いのです。

 

江戸時代には「はじき豆」とも呼ばれていました。

 

さやを押すと、ピョンと飛び出して行方不明になったりするためで、

 

はじき豆 はじき過ぎたで どっか逃げ

 

なんていう川柳もあるのです。

 

いまでは一年中出回っていますが、旬は夏から秋です。

 

まだ熟していない青い大豆を枝付きのまま刈り取ったもので、大豆はもちろん豆類なのですが、枝豆は分類上は野菜で「野菜豆」と呼ぶ地方もあります。

 

意外なことですが夏は野菜が不足する季節で、その端境期(はざかいき)をサポートしていたのが枝豆なのでした。

 

「枝豆」という呼び名は「枝なり豆」からきています。

 

奈良時代には「生大豆」とも呼び、枝付きのまま茹でて酒の肴にしたり、スナック風な食べ方をしていました。現在でもビールに枝豆は付き物です。

 

如でた枝豆をさやから出して、醤油とカツオ節にひたしておかずの一品にもしていました。

 

苑でた枝豆をすり鉢ですりつぶしたものを、東北地方では「ずんだ」と呼びます。

 

砂糟、塩などで味をととのえ、つきたての餅にからめたり、和え衣にします。

 

呼び名の由来にはいろいろあって、陣太という人が最初に作ったからとか、陣太刀の柄を使って如でた豆をつぶしたのが始まりともいわれていますが、「豆打」がなまって「ずんだ」になったものだろう。

 

ナスやズイキのずんだ和え、キノコのずんだ和えがよく知られています。

 

生豆を炊き込んだ豆ご飯は、目に鮮やかな夏の風物詩です。

 

夏の午後、母親は茄でたての枝豆を平ざるに山ほど盛って、よく出してくれたものです。

 

子どもたちに夏を乗り切る体力をつけさせる貴重なスタミナ源なのでした。

枝豆の偉さ?!

 

枝豆は、言ってみれば大豆の子であり、たんぱく質が多いのは当然としても、親より偉いのは、親にはほとんど含まれていないビタミンCや、カロチンが豊富に合まれていることです。

 

ビタミンCはストレスに対する抵抗力をつけ、体の老化を促進させる活性酸素の害を防ぐます。

 

風邪などに対する免疫力を強くしたり、発ガン物質の生成を抑制するなどの働きをするのもビタミンCなのです。

 

発ガンの抑制といえば、枝豆に多いカロチンにも同じような作用が期待されています。

 

元々はカロチンは、植物が紫外線から身を守るために生成している物質なのです。

 

つまり、枝豆を食べるということは、たんぱく質の多い大豆とビタミンCなどの豊富な野菜を一緒にとるようなものです。

 

枝豆には米などの炭水化物から作られ、脳のエネルギー源となるブドウ糖を完全燃焼させる上で欠かせない、ビタミンB1も含まれています。

 

疲労回復にも効果があり、昔は脚気の予防にも役に立ったのです。

 

ビールに枝豆は付き物であるが、実は最良の組み合わせです。

 

枝豆にもビールの麦芽にもレシチンが含まれているからで、レシチンレには頭脳の力を高める働きがあり、長寿と情報化の時代には、まさに最強のコンビなのです。


 

だから、歩くのがいい日本茶。かんたんガイド ビタミン・ミネラル便利事典あなたの知らない健康茶「むくみ」を知る