便の状態で免疫力がわかる

便の状態で免疫力がわかる

 

今日はどんな状態でしたか?

 

流す前に一度、便の状態をチェックする習慣をつけたいものです。

 

きちんと自分の便を知ることが、健康につながります。なぜなら便は腸の状態=免疫力の状態を如実に物語っているからです。

 

端的に言ってしまいますと、いい便なら健康。良くない便秘なら、腸は不健康です。

 

「人によってはお通じには差があるので、2〜3日出なくても特に健康に問題はない」などという人もいますが、きちんと食べているなら、毎日、便通があるのが普通です。

 

まずは、あなたの便のチェックをしてみてください。良くない便の理由もあとに紹介しているので、確認するといいでしょう。

 

「あなたのウンチは、いいウンチ?」チェック

 

□ 一日一回以上、スムーズな排便がある便秘も下痢も腸内環境が悪い
□ 便が黄色っぽい 黒っぽい便は肉類や脂肪分の摂り過ぎ
□ 便がバナナくらいの太さコロコロ便は腸の動きが悪く、良い脂肪が不足
□ 便が臭わない 極端に臭い便はタンパク質の摂り過ぎで、腸内腐敗が進んでいる証拠
□ 便が浮く 沈む便は腐敗しており、タンパク質過剰で腸内腐敗が強い
□ お腹が張らない おなかが張るのは炭水化物の消化不良で、異常発酵しているせい
□ ちなみに、おならも臭くない臭いおならは脂肪やタンパク質の摂り過ぎで、腸内の悪玉菌が多い