免疫機能8割は腸に存在

善玉菌を増やし、腸内環境を整えて

 

免疫機能の8割は、なんと腸に存在

 

近年、免疫機能は小腸に70%、大腸に10%、つまり8割近くが腸(正確には小腸の粘膜である腸管)に存在しているという事実が明らかになってきました。

 

このことはいままでよく知られていなかったため、最近の免疫学では、小腸粘膜のことを「免疫の新大陸」とか「免疫の新世界」などと呼んでいます。

 

小腸は、よく「内なる外」などと言われます。体の中にあるのに、実は外界と接しているからです。

 

実際、口や鼻の粘膜は、のどや気管支や呼吸器、さらには食道、胃、小腸、大腸を通って肛門までつながっていることを考えてみてください。

 

粘膜というバリアーを介して、小腸は外界と接しているのです。

 

そのため、腸は、体に必要な栄養を吸収する場所というだけでなく、外から侵入してくるあらゆる異物、病原菌、有害な物質などを取り込まないよう、食い止める関所となり、抵抗力を持つ必要があります。

 

小腸の長さは7mにも達し、その粘膜の面積は、成人ではなんとテニスコートの約1.5倍分に匹敵するほどの大きさがあるのには、そんな理由がありました。

 

実に豊富な免疫機能が「腸」に集中し、対応しているというわけです。

 

ただ、免疫機能の98%は眠ったままであるともいわれています。

 

それは腸内の、いわゆる善玉菌が不足しているから、腸内が善玉菌だらけになって初めて、すべての免疫機能を活性化できるといいます。

 

ということは、免疫力を上げるには腸に善玉菌を増やし、腸内環境をよくしなくてはなりません。

 

そのためには食物繊維と酵素が必要なのです。