がん細胞から守る免疫力

がん細胞からも守ってくれる免疫 

 

いまや日本人の3人に1人は、生涯に一度はガンにかかる時代になりました。

 

日本人の死亡原因のトップもガンで、その後もいっこうに減る気配はありません。

 

人間の体では、一日1兆個以上の細胞が破壊されると同時に1兆個以上が新しく作られているといいます。試験管の中で、1兆個の細胞を増やすと数千個もの変異細胞、つまりガンができるのだそうです。

 

健康な人でも、寝ている間に3000個以上ものガン細胞ができ、人の一生に換算すると10億回もガン細胞が発生する機会があるとまでいわれています。

 

それでも、私たちは滅多なことではガンになりません。それは体内に免疫システムがあるからです。

 

免疫がガン細胞の増殖を防いでいるため、誰もがすぐガンにならずにすんでいるのです。

 

免疫システムは自分の正常な細胞からできたガンですから、破壊することができる優れものなのです。

 

ガンに限らず、人の体には、体外から侵入した異物や危険物質から身を守る免疫システムが備わっています。

 

細菌、ウイルス、真菌のような病原体などに対しても同じです。免疫システムが正常に働いていると、それら異物を見つけ出し、防御力を結集して攻撃し、体を守ってくれるのです。

 

しかし、何らかの力によってこの免疫の働きが弱くなったりすると、ガン細胞や病原体は猛威を振るい出します。

 

免疫力は20歳あたりがピークで、それ以降は次第に低下し、40歳ではピーク時の半分、50歳では3分の1にまで落ち込むこともわかっています。

 

そこでいかに免疫力を上げ、病気にならない体でいられるかが、健康で長生きするための秘訣となるのです。