温度について

ph(ペーハー)について

 

酵素反応はphと温度に影響を受けます。

 

phというのは水素イオンの濃度で、そのものが酸性かアルカリ性かを判断する数値です。

 

phは、0〜14まであります。7が中性で、数字が7よりも小さくなればなるほど酸性値が高く、7より大きくなればなるほどアルカリ性が強いことを示しています。

 

酵素は、その種類によって酸性の状態で働くもの、中性で働くもの、アルカリ性で働くものに分けられます。

 

たとえば、胃の中で働く消化酵素のペプシンは、酸性で活性化します。これは強い酸性の胃酸の中で働くためには、酵素も酸性の状態で活性化する性質をもっていたほうが都合がいいからです。

 

しかし、ペプシンのような酸性で活性化するものは少数派なのです。

 

体の中で働く酵素のほとんどは、phでいうと7.4ぐらいの弱アルカリ性で活性化します。

 

酵素が最も活性化するphを至適phといいますが、その酵素にとっての至適phより、低くても、高くても反応速度は鈍ってしまいます。

 

ちなみに、肺と腎臓が正常で元気であれば、私たち人間の血液のphはほぼ7.4に保たれます。

 

つまり、肺と腎臓が元気であれば、人間の体内のphは多くの酵素の反応が活性化しやすい、よいコンディションだと言えるのです。

温度について

 

次に酵素が活性化する温度について見てみましょう。

 

一般に化学反応の速度は、温度が高くなればなるほど大きくなるものです。

 

ですから、酵素反応も、温度を上げれば活性化し、反応のスピードも速くなります。酵素の種類によっては、温度が1度下がるとその活性が半分以下になってしまうものもあります。

 

しかし酵素の本体はタンパク質です。
タンパク質は熱によって変性するという性質をもっているので、温度が高くなりすぎるとこわれてしまい、役目を果たすことができなくなってしまいます。

 

では、どれくらいまでの温度に耐えられるのか?酵素の種類によって異なりますが、多くの酵素は60度ぐらいまで加熱すると変性してしまいます。

 

しかし、人間の体温は、どんなに上がっても42度以上になることはまずありませんので、温度が高いせいで酵素の活性が落ちるという心配はありません。

 

問題は、温度が低くて体内の酵素の活性が落ちることです。

 

人間の体の中で酵素が一番活性化するのは、体温が38〜40度ぐらいのときです。

 

「38〜40度」というと病気のときじゃないかと思われるかもしれませんが、この数字は体の中での温度です。

 

体の表面の温度は体の中より1〜2度は低いので、ふだん私たちが測る体温でいうと37度ぐらいが、体内の酵素が最も活性化する温度ということになります。

 

ところが最近は「平熱が36度に届かないんです」「いつ測っても35度台しか体温がない」という人が増えています。

 

昭和32年に行われた調査によると、日本人の平均体温は36.9度だったそうです。

 

現代の日本人の平均体温は36〜36.5度ぐらいではないかと言われているのですが、もし体の表面の温度が36〜36.5度だとすると、体の内部の温度は38〜38.5度ぐらいですから、ギリギリセーフという数字なのでしょうか。

 

「いつ測っても35度台しか体温がない」というような人は、体内の温度は36〜37度台しかないと推測されます。

 

こんな低い温度では体内の活性は相当落ちているので、体には何らかの症状がでているかも知れません。

 

肩コリや腰痛、頭痛はありませんか?手足が冷たい、なかなか眠れない、下痢や便秘をしやすいなど、もし何か不調を感じていたら、それは体温が低すぎるせいで起こっているトラブルである可能性が大です。

 

体内酵素を活性化させ、健康的な生活を送るためには、代謝が始まる前の朝でも36度台、日中であれば37度台の体温がほしいものです。

 

 

 

冷えとは

 

冷えは手足を冷たく感じたり、体が冷えていると感じる状態、または体質をいいます。

 

一方「寒さ」というのは空気の冷たさを表現するもので、気温という形で計測できます。

 

しかし、「冷え」というのは体の中に入り込んだ冷たさなので、個人的な感覚です。

 

冬で気温が低くて寒いから冷えるだけではなく、夏の暑い時期でも冷えは感じます。

 

たとえば、高熱で体温が38〜39度あるときに感じるゾクゾクといった悪寒、あれも冷えなので

 

冷えると、酵素が働かず毒素がたまる

 

昔の生活と酵素のチカラ

 

今の電子ジャーでやったお米はすぐに酸化して黄色くなります。

 

ですが、昔のおひつに入れてあるご飯は冷めても美味しかったのはなぜなのか?

 

それは、おひつ・木から酵素が少しずつお米に渡っていたからです。

 

桧のお風呂は湯ざめしにくいのはなぜなのか?

 

これも酵素の力を利用したものです。

 

昔の赤ちゃんははよだれを流していました。

 

いまの粉ミルクで育てた赤ちゃんは、よだれをあまりしません。

 

いまの粉ミルクの栄養価は昔の母乳より高いし、ほかの栄養までバランスよく含まれているそうです。

 

なのに昔の赤ちゃんのほうが丈夫だったし、アトピーとかアレルギーというのも見かけませんでした。

 

母乳には酵素がたっぷり含まれているからです。

 

よだれはアミラーゼという消化酵素なのです。

 

昔の生活にはなぜかしら、酵素を取り入れていたのでした。