血管

血管---血圧をコントロールしたり、酸素や老廃物を運ぶ

 

を収縮させたり緩めたりする物質を作る酵素がバランスよく働いて、血圧は正常にコントロールされています。

 

血糖値のコントロールにも酵素が関係していますし、赤血球が全身の細胞に酸素を運んだり、不要になった老廃物を運び出せるのも酵素のおかげなのです。

 

・腎臓---酵素力の低下が腎不全などを引き起こす

 

腎臓は血液中の老廃物や不要物を濾過して、1日に約150Lもの尿を作ります。

 

そしてその99%(水分、ブドウ糖、アミノ酸、ミネラルなど体に役立つ成分)が体に再吸収され、約1.5Lが実際の尿として体外に排出されます。

 

酵素の働きが低下すると、尿を作ったり、再吸収することがうまくいかず、腎不全などのトラブルが起きると老廃物を十分に排泄できなくなってしまいます。

血管関連ページ

口・胃・腸
食べ物を吸収できる形にまで分解する
膵臓
消化酵素だけでなく、インスリンを作る
肝臓
約2000種もの酵素がさまざまな働きれ
神経伝達物質をつくったり、信号を伝えたりする
筋肉
筋力の低下は酵素力を鈍らせ、新陳代謝を悪くする
腎臓
酵素力の低下が腎不全などを引き起こす

だから、歩くのがいいあなたの知らない健康茶中高年からの筋肉作りビタミン・ミネラル活用事典「むくみ」を知る