口・胃・腸---食べ物を吸収できる形にまで分解するのが消化酵素

 

口の中では唾液に含まれる消化酵素アミラーゼがごはん、パン、麺類、イモ類、砂糖の中のショ糖、牛乳などに含まれる乳糖などの炭水化物、肉に含まれるグリコーゲンを消化します。

 

では消化酵素ペプシンが肉、魚、卵、牛乳などに含まれるタンパク質をペプトンに分解します。

 

小腸から分泌される3種類の消化酵素は、炭水化物をブドウ糖、果糖、ガラクトースというさらに細かなレベルの単糖にし、すい液と腸液でペプトンをアミノ酸めで分解します。

 

膵臓で作られったリパーゼ、コリンエステラーゼなどの酵素は十二指腸に流れ込み、脂肪を分解します。