臓器の中での働き

膵臓---消化酵素だけでなく、インスリンを作る酵素も活躍

 

膵臓で作られるすい液のなかには炭水化物を分解するアミラーゼ、脂肪を分解するリパーゼやコリンエステラーゼ、タンパク質の分解酵素であるキモトリプシンやトリプシンなど、さまざまな消化酵素が含まれています。

 

インスリンを作るときに使われるインスリン合成酵素も働いています。

膵臓関連ページ

口・胃・腸
食べ物を吸収できる形にまで分解する
肝臓
約2000種もの酵素がさまざまな働きれ
神経伝達物質をつくったり、信号を伝えたりする
筋肉
筋力の低下は酵素力を鈍らせ、新陳代謝を悪くする
血管
血圧をコントロールしたり、酸素や老廃物を運ぶ
腎臓
酵素力の低下が腎不全などを引き起こす

だから、歩くのがいいあなたの知らない健康茶中高年からの筋肉作りビタミン・ミネラル活用事典「むくみ」を知る