老化を早める

酵素を減らす食べ方は老化を早める

 

酵素に関してはまだまだ不明なところも多く、現在も研究が進められている最中ですが、聞違いなく断言できるのは「酵素なくして、私たちは生きられない」ということです。

 

体内での物質の分解、合成、消化に始まり、吸収、輸送、代謝、排泄に至るまでのありとあらゆるプロセスに酵素が関わっています。

 

食べる・飲む・運動する・眠る・エネルギーをつくる・血液をつくる・筋肉をつくる・排泄するなど、すべての生命活動の中心に存在するのが体内酵素です。

 

細胞の活性を高めたり、細胞老化に直結する毒素や老廃物を除去したりするのにも酵素が深く関わっています。

 

脳内の細胞も、当然さまざまな酵素の力があって健康に機能することができます。

 

酵素には、体内でつくられる「消化酵素」「代謝酵素」と、食物を通して摂取する「食物酵素」があります。

 

前者の、二つの体内酵素は次のような働きを担っています。

 

ひとつ目が、栄養素をうまく取り込むために必須の消化・吸収分野です。

 

たとえば唾液の中に含まれているアミラーゼはでんぷんを分解し、胃液に含まれているペプシン(プロテアーゼ)はタンパク質を、膵液の中にあるリパーゼは脂肪を分解します。

 

次が健康維持や体組織の修復に関するもので、代謝酵素が活曜する分野です。

 

細胞の再生や古くなった細胞・血球などの修復、神経系やホルモン系を正常な状態に調整するといった役割を果たしており、睡眠の促進や肥満抑制にも関与しています。

 

そして三つめが解毒で、ここでは有害な物質を分解して無害なものに変え、体外に
排泄するという重要な働きをしています。

 

体内の解毒器官である肝臓は、500種類以上の体内酵素を使って毒素の処理を行っています。

 

例えるなら、体内酵素は、手に入れた材料をさばき、不要な部分を取り除いて、形を整え健康維持に必要なものへと加工して提供する、体内の「調理人」のような存在といってようかもしれません。

 

よい食材が手に入れば、出来上がる料理もよいものとなりますが、食材の質が悪ければ冴えないものしかつくれなくなります。

 

また調理人の数が減れば、効率よくや加工調理を行うこともできなくなります。

 

たとえば動物性タンパク質や脂質といった消化に負担のかかる食べ物、食品添加物や農薬が使われているようなケミカルな食べ物を摂り続ける食生活は、消化にも解毒にも多量の酵素を必要とし、酵素を消費します。

 

外から酵素の豊富な食べ物を補給しない限り、消耗した分の埋め合わせは間に合いません。

 

結果的に代謝に回せる酵素が少なくなり老化を加速させることになるのです。

 

酵素をムダに使い、補充も不十分といった食生活を続けてきた人は老化のスピードが速まります。

 

このことは、集積された食歴データと腸の様子の関係からも明らかといってよいのです。


だから、歩くのがいいあなたの知らない健康茶中高年からの筋肉作りビタミン・ミネラル活用事典「むくみ」を知る