体内にある酵素の量が免疫量を左右する

体内にある酵素の量が免疫量を左右する

 

酵素は、体内にある「潜在酵素」と、外部から取り入れる「食物酵素」

 

「潜在酵素」は、生まれた時から潜在的に持っている酵素ですが、年をとるに従い、減少していきます。

 

また、酵素は体内で常に作り出されていますが、1日に作れる酵素の量は限られており、必然的に一生のうちで作られる酵素の量も限られてしまいます。

 

そこで、外部から「食物酵素」を取り入れる必要があります。

 

文字通り、食物から酵素を取り入れるのですが、「食物酵素」にはその食物自体を自己消化するため、「潜在酵素」を使わずに済むという良さがあります。

 

また、「食物酵素」は、野菜や果物、肉や魚など、あらゆる動植物から得ることができますが、いずれも48度以上に加熱すると死滅してしまうという特性があります。
そこで、酵素を摂るには、どれも「生」で食べなくてはなりません。

 

さて、ここで酵素の大きな働きをご紹介しましょう。

 

それは「消化」「代謝」です。

 

それぞれ「消化酵素」と「代謝酵素」と呼ばれ、両方で人間の生命活動のすべてを司っています。

 

消化器官内において分泌される「消化酵素」は口にした食物を消化し、吸収する働きがあります。

 

ちょっと専門的な話になりますが、炭水化物はブドウ糖が、タンパク質はアミノ酸が、脂肪は脂肪酸とグリセロールという成分がそれぞれつながって出来ています。

 

それらを切り離すことが、消化です。

 

「消化酵素」はその長い数珠の一個一個の糸を切り取るような役目をしており、糸を切った瞬間、栄養は腸壁に吸収されていきます。

 

一方、生命を維持するのに不可欠な「代謝酵素」は、消化後、腸壁で吸収された栄養分子をエネルギーに変換させるという働きがあります。

 

免疫や自然治癒力の維持をはじめ、細胞の修復、神経やホルモンのバランス調整、代謝促進など、ありとあらゆることを行います。

 

しかし、困ったことに「消化酵素」も「代謝酵素」も、一定量の「潜在酵素」の範囲内でしか作られません。

 

「潜在酵素」を「消化酵素」として大量に使ってしまうと、その分、「代謝酵素」に回される量が減り、当然、その働きのひとつである免疫力も弱まってしまいます。

 

つまり、食事から十分な量の酵素を摂らないと、消化のために「潜在酵素」が使われてしまい、代謝がおろそかになるということです。

 

免疫のみならず、細胞の再生やエネルギーの産出、運動も、排泄も、そして解毒もすべて「代謝」行為です。

 

これらがおろそかになるということは、病気に直結してしまいます。そこで積極的に「食物酵素」を摂って補わなくてはなりません。


だから、歩くのがいいあなたの知らない健康茶中高年からの筋肉作りビタミン・ミネラル活用事典「むくみ」を知る