野菜や果物の食べ方

野菜や果物、動物性タンパク質の食べ方の基本

 

ここで酵素を生かす食べ方のポイントを2つほど紹介します。

 

まず、生の野菜と果物中心の食事に切り替えることです。
生の野菜と果物にはたくさんの酵素、良質のビタミンやミネラル、ファイトケミカル、食物繊維、水分などを含んでいます。

 

ただ、野菜の中には、加熱調理することで栄養価が上がったり(この場合の栄養とは、酵素以外のもの)、消化しやすくなるものもあります。

 

たとえば、にんじん。
にんじんは、生で食べるより加熱し、さらに油と一緒に食べることで栄養は吸収されやすくなります。

 

また、野菜は煮ると栄養成分の吸収がよくなるという側面があります。量もしっかり摂れ、食物繊維もその分、たっぷり摂取できます。

 

そこでおすすめしたいのが、生野菜と加熱野菜のいいとこ取りです。

 

1日の野菜摂取量は400〜500g以上を目標に、生野菜を半分以上、残りを加熱した野菜で、という具合に意識してみてください。

 

そして、もうひとつ。いくら体にいいとは言え、毎日、生野菜や果物だけでは、限界があるでしょう。
そこで少量なら動物性タンパク質もOKと考え、

 

肉を食べる日は魚を食べず、魚を食べる日は肉を食べない
1週間で食べる目安は、肉は100〜200g、魚は200〜300g、卵は3〜4個

 

ということを心がけましょう。

 

なお、生の肉や魚には生きた酵素が存在します。
良質の生肉や刺身は加熱したものより、ずっと消化しやすいのです。

 

とはいえ、食べないで済むなら、それに越したことはありません。
食べ過ぎでは元の木阿弥。体内の消化酵素の使いすぎになるので、ご注意ください。


だから、歩くのがいいあなたの知らない健康茶中高年からの筋肉作りビタミン・ミネラル活用事典「むくみ」を知る