発酵食品で腸内環境を整え

日本発・発酵食品で腸内環境を整え、免疫力を増強

 

昔の日本の食卓には、発酵食品が豊富でした。

 

納豆や味噌、しょうゆ、酢、みりん、日本酒、漬物などです。

 

「日本人が寿命が長いのは漬物のおかげ」という学説が唱えられるほど、私たちと発酵食品には深いつながりがあります。

 

発酵食品は乳酸菌が豊富です。

 

乳酸菌には腸内の善玉菌を増やし、活性化させる働きがあります。

 

腸は免疫を司るので、その環境がよくないと、免疫力もダウンします。

 

腸内環境を整え、免疫力を高めるには、善玉菌を増やし、悪玉菌を減らすしかありません。だからこそ乳酸菌、だからこそ発酵食品なのです。

 

発酵食品に含まれる乳酸菌には、ヨーグルトやチーズなどに含まれている動物性乳酸菌と、漬物屋や納豆、味噌などに含まれている植物性乳酸菌とがあります。

 

植物性乳酸菌は胃酸にも負けず、生きたまま腸に届くため、より効果的に善玉菌を増やすことができるので、動物性乳酸菌よりも優秀です。

 

なかでも納豆は、消化もよく良質なアミノ酸が摂れる最高の健康食です。

 

納豆菌の優れた効果は、ヨーグルトなど、ほかの発酵食品を大きく上回るほど、解毒作用が高く、血栓溶解素もあり、骨粗しょう症に効果的なビタミンK2も豊富、食物繊維もたっぷりと、まさに万能選手なのです。

 

ちなみに納豆のねばねば成分は酵素量と比例するため、たくさんかき混ぜることで酵素量はアップします。

 

このほか、にもご注目しましょう。

 

酢の主成分である酢酸は疲労回復効果がありますが、血圧抑制、血糖値コントロール、酵素を活性化させる働きなど、さまざまな作用があります。

 

なかでも大麦を原料とした黒酢は栄養価も高いのでいろいろな料理に活用してほしいものです。

 

また、キムチやザワークラウト、ピクルスなどもおすすめの海外発の発酵食品です。

発酵食品で腸内環境を整え記事一覧

発酵食品6つのパワー

発酵食品の6つのパワー1>料理をおいしくして栄養価がアップします。発酵を促す微生物の働きで食材のタンパク質やデンプンなどを分解し、元の食材にはない独特のうまみや甘み、風味をつくり出します。同時に、さまざなな栄養成分が生み出されるので、栄養価がグンと高まります。2>酵素たっぷりで消化吸収がよくなります...

≫続きを読む

主な微生物の種類と特徴

発酵に欠かせない主な微生物の種類と特徴について酢酸菌:アルコールを酢酸にかえる菌で、酢は酢酸菌の働きによって作られます。酢酸には強い殺菌作用があるほか、有機酸やアミノ酸が多く含まれており、疲労回復などにも効果的です。原料を米で作ると米酢、リンゴで作るとリンゴ酢になります。麹菌:日本の「国菌」とされ、...

≫続きを読む


だから、歩くのがいいあなたの知らない健康茶中高年からの筋肉作りビタミン・ミネラル活用事典「むくみ」を知る