冷えると、毒素貯まる

冷えると、酵素が働かず毒素がたまる

 

体が冷える→血管が収縮する、血液がドロドロになる→血の巡りが悪くなり、冷える

 

冷えを放っておくとこの悪循環に入ってしまいます。

 

すると遅かれ早かれ体のどこかに不調が出てくるでしょう。

 

たとえば、血液がドロドロしていると動脈の壁にコレステロールがなどがくっつきやすくなり、コレステロールがつくと血管の壁が厚くなって硬くなります。

 

こうして起こるのが動脈硬化です。

 

動脈硬化は手足や脳、心臓などのあらゆる部分で起こる可能性があり、動脈硬化が進むと血管が狭くなってしまうので、より血液が流れにくくなり、血管をふさいでしまうことがあります。

 

血めぐりが悪くなると、体のすみずみにまで酸素や栄養を十分に運べなくなります。

 

十分な酸素や栄養がないと体はつくれません。熱が作れないと酵素の働きが低下して古くなった細胞を壊したり、新たに作ったりする代謝がスムーズにいきません。

 

代謝によって作られた老廃物を運び出したり排泄することもできないので、体内にはどんどん毒素が溜まっていきます。

 

たかが便秘、されど便秘

 

便秘を例にとり見てみます。

 

冷え手腹部の血行が悪くなると便秘になってしまします。

 

便というのは、本来なら体の外に排泄されるべき老廃物です。

 

それが腸に残ったままになるとどうなると思いますか。

 

恐ろしいことに、体にとって不要な毒素は腸から吸収されて、血液に乗って体中を巡ってしまうのです。

 

便秘症の人に吹き出物やニキビが多いのはよく知られていますが、これは再吸収された毒素の影響が肌に出ているからなのです。

 

ひどい便秘で頭痛がするとか、食欲がないとか、吐き気がするといった症状もすべて体にたまった毒素が体内のあちこちで悪さをしているせいなのです。

 

また、便秘で排泄されるべき毒素が体内に残ってしまうと遺伝子を傷つけて、それがガンのもとになることもあります。

 

ですから「たかが便秘」とあなどらないで、是非とも軽いうちに解消してしまいましょう。

 

ちなみに便のイヤな臭いのもとになるのは腸内環境を左右する菌の一つである悪玉菌です。

 

悪玉菌を増やすのは肉などの動物性タンパク質です。

 

ですから、便秘で悩んでいる人は悪玉菌を増やす肉類を控えて、腸内環境をよくする善玉菌のエサとなる野菜をたくさん食べれば、「腸の中に便秘がたまったから、排泄しろ」という脳からの指令も出やすくなります。

 

また、便意をもよおしたら我慢せずにトイレに行くことです。

 

シンプルですが実はこれがとても大切です。

 

便意があるときにトイレを我慢すると、排泄のリズムが崩れて便秘になってしまいます。

 

規則正しいリズムを作るという意味で、便秘症の人は出ても出なくても決まった時間にトイレに座る習慣をつけると良いでしょう。

冷えると、酵素が働かず毒素がたまる

 

体が冷える → 血管が収縮する、血液がドロドロになる → 血の巡りが悪くなり、冷える

 

冷えを放っておくとこの悪循環に入ってしまいます。

 

すると遅かれ早かれ体のどこかに不調が出てくるでしょう。

 

たとえば、血液がドロドロしていると動脈の壁にコレステロールがなどがくっつきやすくなり、コレステロールがつくと血管の壁が厚くなって硬くなります。こうして起こるのが動脈硬化です。

 

動脈硬化は手足や脳、心臓などのあらゆる部分で起こる可能性があり、動脈硬化が進むと血管が狭くなってしまうので、より血液が流れにくくなり、血管をふさいでしまうことがあります。

 

血めぐりが悪くなると、体のすみずみにまで酸素や栄養を十分に運べなくなります。
十分な酸素や栄養がないと体はつくれません。

 

熱が作れないと酵素の働きが低下して古くなった細胞を壊したり、新たに作ったりする代謝がスムーズにいきません。

 

代謝によって作られた老廃物を運び出したり排泄することもできないので、体内にはどんどん毒素が溜まっていきます。

 

便秘を例にとります。
冷えて腹部の血行が悪くなると便秘になってしまします。便というのは、本来なら体の外に排泄されるべき老廃物です。それが腸に残ったままになるとどうなると思いますか。

 

恐ろしいことに、体にとって不要な毒素は腸から吸収されて、血液に乗って体中を巡ってしまうのです。

 

便秘症の人に吹き出物やニキビが多いのはよく知られていますが、これは再吸収された毒素の影響が肌に出ているからなのです。

 

ひどい便秘で頭痛がするとか、食欲がないとか、吐き気がするといった症状もすべて体にたまった毒素が体内のあちこちで悪さをしているせいなのです。

 

また、便秘で排泄されるべき毒素が体内に残ってしまうと遺伝子を傷つけて、それがガンのもとになることもあります。

 

ですから「たかが便秘」とあなどらないで、是非とも軽いうちに解消してしまいましょう。

 

ちなみに便のイヤな臭いのもとになるのは腸内環境を左右する菌の一つである悪玉菌です。悪玉菌を増やすのは肉などの動物性タンパク質です。

 

ですから、便秘で悩んでいる人は悪玉菌を増やす肉類を控えて、腸内環境をよくする善玉菌のエサとなる野菜をたくさん食べれば「腸の中に便秘がたまったから、排泄しろ」という脳からの指令も出やすくなります。

 

また、便秘をもよおしたら我慢せずにトイレに行くことです。

 

シンプルですが実はこれがとても大切です。便意があるときにトイレを我慢すると、排泄のリズムが崩れて便秘になってしまいます。

 

規則正しいリズムを作るという意味で、
便秘症の人は出ても出なくても決まった時間にトイレに座る習慣をつけると良いでしょう。

 

 

冷えチェックリスト

 

「自分が冷えているかどうかわからない」「冷え体質かも」と思う方は是非チェックしてみてください。

 

□ 体温が36度以下
□ 朝、布団の中で体をさわったとき、脇の下より体温が低い部位がある。
□ 手足が冷たくて、なかなか温かくならない。
□ 目の下にクマができる。
□ 時折頭痛がある。
□ 顔色が悪い。
□ 冷房が苦手だ。
□ 軽い運動でも、息切れがする。
□ 夜、熟睡できない。朝起きるのがつらい。
□ 夜中トイレで目を覚ます。
□ 低血圧である。または貧血気味である。
□ 下痢または便秘がある。
□ 肩こりや腰痛、膝痛がある
□ 夏でもあせをかかない。
□ 疲れやすく、寝ても疲れが取れない。
□ イライラしやすい。

□ やる気がおきず集中力がない。
□ 痔がある。
□ 生理痛がひどい。
□ 嗜好が変わってきて、温かいものを欲することが多い
□ 寝相がいい(特に冬)
□ 耳たぶを折り曲げると激痛が走る
□ 貧血気味。

 

どれかひとつでも当てはまるものがあったら、あなたは体が冷えています。

 

毎日の生活の中で体を冷やす要素がないかを一度丁寧に見直して、ぜひ改善のための工夫をしてください。


だから、歩くのがいいあなたの知らない健康茶中高年からの筋肉作りビタミン・ミネラル活用事典「むくみ」を知る