「いい便」は、食物繊維たっぷり

「いい便」を出すには、食物繊維をたっぷりと

 

いい便を出すには、食物繊維がたっぷりがたっぷり入った食品を食べたいものです。

 

けれども、食物繊維とはそもそも何でしょう。これは消化されない食物中の成分のことで、大きく、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類に分けられます。

 

水に溶けにくい不溶性食物繊維はセルロースに代表され、穀類や野菜、豆類などに多く含まれています。

 

胃や腸で水分を吸収して大きくふくらみ、腸を刺激して蠕動運動を活発にし、便通を促進する働きがあります。

 

もう一つのみずに溶ける水溶性食物繊維はペクチンに代表され、果物や昆布、わかめ、こんにゃく芋、里芋、大麦などに多く含まれます。

 

繊維自体が水に溶けてゲル状になり、食べた食品の移動がゆるやかになるので、小腸での栄養吸収がやわらぎ、糖質の吸収もゆるやか、食後の血糖値の上昇を抑えます。

 

食物繊維は、いずれも大腸内で発酵・分解されると善玉菌であるビフィズス菌などを増やすため、腸内環境がよくなります。

 

そこで不溶性、水溶性どちらもバランスよく摂取したいものです。

 

しかし、近年、日本人の食物繊維摂取量は減少してきています。1947年に比べ、2005年は約半分にまで減っているというデータもあります。

 

特に穀類からの割合が減っており、食生活の欧米化で肉や乳製品の摂取が増え、コメの摂取量が減ったことや、雑穀を食べなくなったことがその理由です。

 

食物繊維は、先ほどの大腸がんのみならず、最近では、心筋梗塞、糖尿病、肥満などの生活習慣病の予防にも役立つことがわかってきています。

 

生の野菜や果物は、酵素も食物繊維も両方摂れる優秀食材です。やはりこれらはおすすめなのです。


だから、歩くのがいいあなたの知らない健康茶中高年からの筋肉作りビタミン・ミネラル活用事典「むくみ」を知る