酵素生活7つのポイント

朝食は生野菜や果物

朝食は生野菜や果物

 

朝食をしっかり食べていますか?

 

実は、朝は生野菜や果物だけで十分なのです。

 

朝、しっかりした食事ををすると、せっかく睡眠で半断食状態になっていた胃に、いきなりたくさんの仕事をさせることになってしまいます。

 

休んでいたのに、突如としてフル稼働させられた胃はぐったりしてしまいます。

 

加熱した食物を消化するため、酵素を大量に使うことになるのです。

 

それではますます酵素不足になってしまいます。

 

朝は生野菜や果物だけ、これを朝食の基本に据えてください。


朝のファスティングで腸を整える

 

飽食やお腹いっぱいの食事で、現代人の腸は疲弊し、細胞にもたくさんのゴミが溜まっています。

 

免疫力が低下している人が増えているのも、そこに大きな原因かあるといってよいでしょう。

 

腸が活力を取り戻さなければ体内酵素もつくられなくなります。

 

細胞内のゴミは掃除されず、身体全体が汚れていくばかりです。

 

免疫機能も十分に働かなくなりますから、病気や認知症への道をまっしぐらということになりかねません。

 

身体の調子がすっきりしない、頭がよく働かないという状態がある方は、細胞か汚れている可能性かあります。

 

体内酵素が再び大量につくり出せるように腸を休ませてやり、なおかつ細胞の中がきれいになるように、朝の食事を工夫してみてください。

 

プチ断食をすすめする方が多いのです。ファスティング(断食)です。

 

といっても、まったく何も胃に入れないということではありません。

 

よい水と生の野菜や果物を摂るだけに留めるというものです。

 

朝起きたら、500ミリリットルの常温の「よい水」を5分程度の時間をかけてゆっくり飲み干します。

 

そして生の季節の野菜や果物をいただきます。野菜や果物の皮にはフィトケミカルが含まれているので、皮ごと搾る生ジュースがお勧めです。

 

朝食では、これ以外のものを口にしないようにします。

 

それによって、よい水が細胞の隅々まで行き渡り、新鮮な野菜や果物から酵素も摂ることができます。

 

腸にも負担をかけませんし、野菜や果物に含まれる酵素やビタミン・ミネラルも後押しとなって、腸の機能が回復していきます。

 

しばらく続けていくうちに、心地よい空腹感を覚えるようになり、頭か冴え出していく実感も得られるでしょう。

 

その感覚が出てきたら、細胞がきれいになってきた証拠です。

朝食は生野菜や果物関連ページ

食事は生野菜から
生野菜や果物から口にしましょう。
食物繊維を摂る
食物繊維の豊富な食品を積極的に食べ、いい便を
体を温める
体を芯から温めましょう
少食にする
食物を胃に入れない=胃が休まる。
良質な睡眠
良質な睡眠をとれば、酵素を量産出来る
活性酸素を除去
酵素を有効に使いたいなら、悪しき生活習慣を改めること。

だから、歩くのがいいあなたの知らない健康茶中高年からの筋肉作りビタミン・ミネラル活用事典「むくみ」を知る