これだけは知っておきたい酵素の新常識

酵素の新常識

 

最近よく「酵素」という言葉を耳にするようになりました。

 

少しずつ日常生活のなかで取り入れられてきています。

 

どうして、いま酵素なのか、何がポイントなのか、どこが注目されているのか?

 

新しい知識などを織り込みながら見ていきます。

酵素なしでは生きられない

 

実はいま、酵素はブームとなっています。

 

ここで紹介するのは「人の体に存在する酵素」です。

 

私たちの体の中には、必ず酵素が存在します。

 

なぜなら、酵素がないと生きていけないからです。

 

食べたものをエネルギーに換えたり、呼吸をしたり、手足を動かしたり、臓器をきちんと働かせたり、物事を考えたり、老廃物を体外に排出したりするにも、酵素の力がないとできません。

 

わたしたちを生かすありとあらゆる力の源が、酵素なのです。

 

しかし、残念なことに、体内に存在している酵素には限りがあるのです。

 

年をとり、使えば使うほど酵素は目減りしてしまうのです。

 

ですから、常に新しい酵素を補ってやる必要があるのです。

 

また、できる限り、酵素の無駄使いをやめなくてはなりません。

 

酵素が不足している状態を続けていると、免疫力が低下し、体の不調がとどまらず、ガンなどさまざまな深刻な病気を引き起こす可能性が高くなるのです。

 

常に体に疲れがたまっていたり、体のどこかしらが痛いとか、快便ではないとか、体が冷えるなどという不調はもちろん、糖尿病や肥満、高血圧など生活習慣病メタボリック症候群などが心配だとしたら、酵素をしっかりとチャージする必要があるのです。

 

また、ライフスタイルを見直すだけで、酵素を有効に使うことができます。

 

さあ、酵素をもっと上手に活用して充実した人生を送りましょう。

酵素は新しい第9番目の栄養素

 

現在、タンパク質・糖質・脂質・ビタミン・ミネラル・食物繊維・水を7大栄養素と呼んでいますが、これらと肩を並べる栄養成分が「ファイトケミカル」であり、そして「酵素」です。

 

それだけ酵素が人の体に欠かせないことがわかってきたのです。

 

実際、栄養を取り入れて体を作るのにも、毒素や老廃物を排出して病気を治すのにも、酵素が深く関わっています。

 

ここで最も重要なのは「酵素は生きている」という点です。

 

そこがタンパク質や脂質などほかの栄養素とは違うのです。

 

これを家の建築にたとえてみましょう。

 

ビタミンなどほかの栄養素は、木材や壁土などの「資材」にあたり、さしあたり酵素は「大工さん」でしょうか。

 

つまり、いくら素晴らしい資材が揃っても、「生きて」働く大工さんがいないと、家は建ちません。

 

この大工さんの役目を、酵素はすべての生物の体内で行っているのです。

 

よい資材(栄養素)を瞬時に見分け、小分けにしたり、栄養素を各器官に適材適所に運搬したりする、格段に腕のいい大工さんということができます。

 

酵素は現在分かっているだけでも、体内に1万3000種類以上いるといわれています。

 

種類が多いのは、ひとつの酵素はひとつの働きしか行わないためです。

 

たとえばアミラーゼという酵素は炭水化物を、プロテアーゼはタンパク質を分解しますが、アミラーゼがタンパク質や脂質を分解することはありません。

 

まるでひとつの仕事しか行わない頑固な職人のようですが、それぞれの酵素が忠実に自分の仕事を行い、それによって整然とした生命活動を生み出しているのです。


だから、歩くのがいいあなたの知らない健康茶中高年からの筋肉作りビタミン・ミネラル便利事典「むくみ」を知る