発酵食を活用すると

悪い腸内環境が病気を招く

発酵食を活用すると

痛みや不快症状がないとき、わたしたちが自分の体を意識することはあまりありません。

 

しかしそんなときでも、体の中ではさまざまな活動が行われています。

 

たとえば腸は入ってきた物質を判別し、からだに必要な栄養素を吸収して、老廃物や細菌・ウイルスなどの有害物を体外に排除する、生命維持に欠かせない重要な働きをしています。

 

そのため、血液中を流れる免疫細胞の多くが腸に集まり、腸の粘膜で病原菌を攻撃したり、侵入をブロックしています。

 

これがいわゆる免疫システムです。

 

この免疫システムと腸内細菌は、実は密接に関わっています。

 

腸内の善玉菌は、食べ物の消化吸収を助ける一方、腸内を酸性に保って病原菌を弱らせることで、免疫力を高めています。

 

逆に悪玉菌は、腸内をアルカリ性にして腸内を腐敗させたり、発がん物質や毒素などの有害物質をつくり、免疫力を低下させます。

 

ふだんは何もしていない日和見菌は、勢力が強いほうに加勢する性質があるので、善玉菌が多いときはいいのですが、悪玉菌が増えるとその勢いをさらにパワーアップさせ、免疫力はどんどん落ちていきます。

 

からだの免疫システムが乱れると、さまざまな病気にかかりやすくなります。

 

腸内に有害物質が入ってきたことによる腹痛や下痢
細菌やウイルスによる食中毒や感染症
免疫細胞であるヘルパーT細胞のはたらきのアンバランスによるアレルギーや自己免疫疾患
代謝機能や活性酸素の除去能力が低下したことによる生活習慣病
がん細胞の増殖を抑制できないことによるがんの発症
脳の活性化を妨げることによるアルツハイマー病

 

これらはかかるリスクのある病気のほんの一部です。免疫力が低下するということは、からだを守る力が弱くなるわけですから、軽い不快症状から命に関わる大病まで、あらゆる病気を招く可能性があるといっても過言ではありません。

 

まさに腸内環境は、健康長寿を実現するための砦なのです。


悪玉菌が増えるのは

発酵食を活用すると

人間の腸内では、善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3つが、つねに熾烈な勢力争いを繰り広げています。

 

健康な人の腸では、善玉菌が優位な状態にありますが、ちょっとしたことでも悪玉菌は増殖し、腸内バランスが変わってしまうのです。

 

なぜ悪玉菌が優位になるのか、おもな原因を見てみましょう。

 

肉中心の食生活
悪玉菌は、脂肪やたんぱく質を栄養源としています。高脂肪食に偏った食事で、野菜をあまり摂らずにいると、悪玉菌を増殖させる下地をつくります。

 

 

加齢
年齢を重ねるにつれて体力は衰え、腸のはたらきも低下していきます。
すると腸内の善玉菌もだんだんと減り、悪玉菌が増えやすい状態になります。

 

 

ストレス
ストレスがかかると自律神経のバランスが崩れ、腸の正常なはたらきを妨げます。すると腸内のバランスも崩れて、悪玉菌が増えてきます。
慢性的な疲労や睡眠不足なども、悪玉菌に加勢します。

 

 

抗生物質などの薬物
抗生物質は特定の症状の緩和に効果を発揮しますが、正常なはたらきをしている部位に対しては毒物です。
腸内の善玉菌まで死滅させてしまうため、悪玉菌が優勢になってしまいます。

 

このように加齢を除けば、日々の食生活や心のもちようが、腸内細菌の勢力図に大きな影響を与えているのです


食品添加物も、腸にとつては悪者

発酵食を活用すると

近年、健康志向から、低カロリーを謳う食品が増えています。「カロリーオフ」「ゼロカロリー」「ダイエット」などの文字が、パッケージに大きく躍っています。

 

食品のカロリーを低く抑えているのは、人工甘味料です。

 

食品成分に表示された、「スクラロース」や「アスパルテーム」などがそれです。

 

人工甘味料には、砂糖の数百倍の精度があり、ほんの少量で甘みを出すことができます。

 

しかも、体内に吸収されてもほとんど分解・代謝が行われないため、血糖値を上げることもありません。

 

それは一見、肥満や生活習慣病の予防に効果的であるようにも思えます。

 

しかし、人工甘味料は化学的に合成したものであり、腸にとっては異物です。すると、腸内では異物が悪さをはたらかないように、脂肪を集めて人工甘味料を包み込もうとします。

 

こうした作用から、かえって脂肪がたまりやすい環境をつくってしまうわけです。

 

摂取カロリーを減らそうとして、かえって太りやすいからだをつくってしまうとは、なんとも皮肉なことです。

 

人工甘味料に限らずヽ食品添加礼はこのように腸には異物として認識され、腸内環境を崩す原因をつくります。

 

食品添加物も、腸にとつては悪者できるだけ摂らないように心がけることが賢明といえるでしょう。


「便秘」は悪玉菌優勢のサイン

発酵食を活用すると

もうひとつ、腸内を悪玉菌の楽園に変える悪しき要因があります。便秘です。

 

便秘になると、腸内に便が長くとどまるため、それを栄養源として悪玉菌がどんどん増殖していきます。

 

すると、アミノ酸やたんぱく質などの分解が促進され、インドール、スカトール、アミン、アンモニア、硫化水素といった有害物質がさかんにつくられます。

 

これらの物質が腸内にたまると、おなかが張ったり、腹痛を起こす原因となります。

 

また、腸から吸収されれば、血液にのって全身を巡り、細胞の新陳代謝を低下させて、老化を促す結果となるのです。

 

ですから、たかが便秘と侮ってはいけません。便秘は腸内環境が悪化しているサインなのです。

 

続くようなら、改善する努力が必要です。


発酵食を活用すると記事一覧

がんを予防する

日本人の死亡原因の第1位であるがん。今や3人に1人ががんで亡くなっており、その数は増加の一途をたどっています。なぜ、がんは発生するのでしょうか。人間のからだは、約60兆個の細胞から成り立っています。その細胞のなかには、がんを発生させる「がん遺伝子」と、それを抑える「がん抑制遺伝子」があります。これら...

≫続きを読む

 

認知症を予防する

認知症は命に関わる病気ではありません。しかし、発症すると自立した生活が難しくなるため、本人のみならず家族のQOL(生活の質)を低下させます。それだけに是が非でも避けたい病気といえるでしょう。そもそも認知症とは、脳に病的な変化が起こって、記憶や知的な活動ができなくなっていく進行性の病気です。ひとつの病...

≫続きを読む

 

生活習慣病を予防する

生活習慣病とは、その名が示すとおり、生活習慣によって引き起こされる病気のことです。脳卒中、心臓病、糖尿病、脂質異常症、高血圧、肥満などがそれに当たります。日本の3大死因といわれるがん、心臓病、脳卒中は、全死因の60%近くを占めていますが、そのうち心臓病と脳卒中を引き起こす要因といわれるのが、動脈硬化...

≫続きを読む

 

脳卒中を予防する

脳卒中というのは、脳の血管に障害が起こってその先に栄養が行かなくなり、細胞が死んでしまう病気です。大きく分けて「血管が詰まる」ことで起こるタイプと、「血管が破れる」ことで起こるタイプがあります。 脳梗塞脳の血管が詰まる病気です。コレステロールの塊が脳の太い血管を塞ぐタイプ、脳の細い血管に動脈硬化が起...

≫続きを読む

 

心臓病を予防する

心臓病にもいろいろありますが、生活習慣病のひとつに数えられているのが虚血性心疾患です。これは、血液がうまく心臓に送られなくなってしまうために、酸素や栄養が運ばれなくなり、細胞が死んでしまう病気です。狭心症や心筋梗塞などがこれに当たります。 狭心症心臓の筋肉に一時的に血液が行かなくなり、胸痛が起こりま...

≫続きを読む

 

糖尿病を予防する

国民病と呼ばれて久しい糖尿病。糖尿病と糖尿病予備軍を合わせた数は、約2210万人(平成19年)と推定されています。日本人の5〜6人にI人は、糖尿病対策が必要という計算です。とはいえ、糖尿病が疑われるにもかかわらず、なんの治療も受けていない人が約4割もいるといわれています。なぜなら、糖尿病の初期はほと...

≫続きを読む

 

脂質異常症を予防する

脂質異常症とは、血液中の脂質(コレステロールや中性脂肪)が多すぎる病気です。次の3つのタイプがあります。 高LDLコレステロール血症(悪玉コレステロールが多い) 低HDLコレステロール血症(善玉コレステロールが少ない) 高トリグリセライド血症(中性脂肪が多い)脂質異常症にはとくに自覚症状はありません...

≫続きを読む

 

高血圧を予防する

現在、日本における高血圧の基準は、病院などで測定した血圧が140/90mmHg以上、家庭で測定した血圧が135/85mmHg以上となっています。かつてと比べて基準が厳しくなっているのは、それだけ高血圧のデメリットが大きいからにほかなりません。高血圧は自覚症状がほとんどないため、気づかない人も多いので...

≫続きを読む

 

肥満を予防する

肥満そのものは病気ではありませんが、あらゆる生活習慣病の元凶となります。なかでも問題視されているのが、内臓脂肪型肥満で、いわゆる「おなかポッコリ」体型のこと。内臓脂肪が増え、臓器のはたらきを低下させるうえに、脂肪から分泌されるアディポサイトカインという物質が作用して、高血圧、脂質異常症、糖尿病、動脈...

≫続きを読む

 

 

だから、歩くのがいいあなたの知らない健康茶ビタミン・ミネラル便利事典ドローンの時代