素晴らしい発酵食

いま、なぜ発酵食なの?

なぜ発酵食なの?

発酵食とは、麹や酵母などの微生物の力を借りて発酵させた食品のことです。

 

日本の伝統食で保存食の味噌やしょう油、酢やみりん、納豆や漬物などは発酵食品です。

 

日本人は古くから、こうした発酵食品を食卓に取り入れ、日常的に食べてきました。このことは日本人の長寿と無関係ではありません。

 

というのも、発酵食には人間の腸内環境を整え、改善するという素晴らしいパワーがあるからなのです。

 

さて、人間の腸には、約100兆個もの腸内細菌が棲んでいます。
その種類は400とも500ともいわれています。

 

良いはたらきをする「善玉菌」
悪いはたらきをする「悪玉菌」
ふだんは何もしない「日和見菌」

 

の3種類が混在しています。

 

それらの腸内細菌によって腸内がびっしりとすき間なく敷きつめられている様子から、それを花畑に見立てて「腸内フローラ(腸内菌叢)」と呼んでいます。

 

健康な人の腸内環境は、善玉菌が多く、悪玉菌が少ないというバランスに保たれています。

 

善玉菌は腸の消化吸収を助けるほか、外部から侵入した有害な菌を排除してからだを守るはたらきをしているため、つねに優勢であることが健康の土台であるわけです。

 

しかし、残念なことに、加齢とともに善玉菌は減っていき、腸内環境のバランスは崩れていきます。

 

その救世主となる可能性を秘めているのが、発酵食です。

 

近年、さまざまな研究から、発酵食には腸内の善玉菌を増やし、免疫力をアップさせる効果があることが明らかになっています。


発酵食が免疫細胞を正常にする?!

なぜ発酵食なの?

発酵食によって免疫力がアップするメカニズムについて、見ていきます。

 

まず、免疫とは、本来からだに備わっている自然治癒力のことをいいます。

 

免疫力が高ければ病気にかかりにくく、かかっても軽症ですみます。逆に、免疫力が低いと病気にかかりやすく、重症化しやすくなります。

 

免疫力を高めるには、白血球に含まれる免疫細胞のリンパ球を正常にはたらかせる必要があります。

 

なかでもとりわけ重要なのが、リンパ球のなかの「ヘルパーT細胞」です。

 

最近の研究で、この細胞がアレルギー発症にも関わっていることがわかってきました。

 

ヘルパーT細胞には1型(Th1)と2型(Th2)があり、2つの均衡がとれていることで、からだも健康な状態を維持しています。

 

しかし、食生活の乱れやストレスなどの要因により、2型が優位になると、花粉症やアトピー性皮膚炎などアレルギー反応が強く出るようになります。また、発がんの危険も増えるといわれています。

 

逆に、1型が優位になると、関節リウマチなどの自己免疫疾患にかかるリスクが高くなります。つまり、ヘルパーT細胞の1型と2型のバランスをつねに保つことが、病気を防ぐうえで重要なわけです。

 

それに役立つのが、発酵食です。なぜなら免疫をコントロールするリンパ球は、その60〜70%が腸内に集中しており、腸のはたらきが免疫力に大きな影響を及ぼすからです。

 

発酵食は善玉菌を増やす魔法の食材といえるでしょう。

 

味噌やしょう油、漬物、ヨーグルトやチーズなどには、発酵の過程で乳酸菌が豊富に含まれていますが、乳酸菌には1型を活性化するはたらきがあり、2型が優位になったときに2つのバランスを整えるのに有効なのです。

 

日々の食生活に発酵食品を取り入れることは、腸内環境を整えて、リンパ球のはたらきを正常に保ち、免疫力をアップさせることにつながるのです。


百寿者の腸内フローラ

なぜ発酵食なの?

健康で自立した100歳以上の方=「百寿者」の腸内環境について興味深い研究データがあります。

 

それによれば、20代から70代までの腸内環境には大きな差が見られなかったものの、百寿者の腸内環境は大きく異なっていることがわかりました。

 

具体的には、イソフラボンを植物性エストロゲンに変化させていたり大腸炎の発症抑制効果がある腸内細菌が増えたりしていたのです。

 

この原因については、まだ解明されていません。

 

しかし、人間の腸内環境は加齢とともにバランスが崩れ、さまざまな炎症を起こしやすくなります。

 

それがいわゆる老化なのですが、百寿者の場合、加齢によって起こる炎症に対処できるように、腸内環境が変化したのではないかと考えられています。

 

いいかえれば、腸内環境にそのような変化が起きた人が、百寿者になれるということなのかもしれません。

 

加齢による炎症を抑える腸内環境づくりには、やはり「食」が重要です。とくに腸内の善玉菌を増やす発酵品を摂ることは、アンチエイジングの重要なカギになるのです。

 

以前、プロスキーヤー三浦雄一郎さんのお父さんで、故・三浦敬三さんの朝食を調べた結果があります。

 

101歳で亡くなるまで身の回りのことはすべて自分でこなし、自立した生活を送っていました。敬三さんは、ごはんのおかずとして豆腐に納豆をかけ、さらにキムチをトッピングした「キムチ納豆豆腐」を必ず食べていました。それを何十年も続けていたそうです。

 

健康長寿の秘訣として発酵食品がどれほど有効かのヒントになると思いますがいかがでしょうか。



 

だから、歩くのがいいあなたの知らない健康茶ビタミン・ミネラル便利事典ドローンの時代