ビタミンC

コラーゲンの生成をサポートし、血液を強くする

コラーゲンは身体の細胞と細胞を結ぶたんぱく質であり、

 

身体の細胞をつなぎ合わせたり、丈夫な骨を作る働きをしています。

 

ビタミンCがこのコラーゲンを生成することにより皮膚や粘膜の強化にも役立ち、ウィルスの侵入を防ぐ力となります。

 

また、白血球の働きを強くして、免疫力を高め、さまざま病原体から身を守ってくれます。

 

ですから、ビタミンCが欠乏してしまうと、骨が弱くなってしまうだけでなく、免疫力が弱まり、様々ば病気を引き起こす恐れもあります。

 

美容ビタミンとしてなじみのあるものですが、身体の健康維持にも必要不可欠な栄養素なため、上手に摂取することを心がけましょう。

しみ、そばかすを防ぐ

しみ、そばかすは日焼けをすると増えます。年をとっても増えます。

 

これは皮膚に黒っぽいメラニン色素ができるためです。

 

ビタミンCはホルモンの効率を良くして色が黒くなるのを防ぎます。

 

その上、ビタミンCは血管を若返らせ皮膚をち密に、ホルモンバランスを改善する働きがあります。

 

また、これによって肌本来の透明感にもどり、美肌効果が期待できます。

ストレスに対抗する

人は仕事や人間関係でストレスがあると、
体内ではそれに対抗するために「抗ストレスホルモン」が、分泌される仕組みになっています。

 

このときビタミンCは活躍します。

 

抗ストレスホルモンが分泌されると、
血圧や血糖値を上げたり、脈拍を早めたりしてストレスに負けないようになります。

 

ビタミンCは、この抗ストレスホルモンを作るときに必要な栄養素で、
何かと忙しくてストレスがたまりやすい現代人には、特に必要なビタミンといえます。

抗酸化作用

 

私達の体内では、激しく運動したり、ストレスがあったり、あるいはタバコを吸ったりすると、大量の「活性酸素」ができてしまいます。

 

活性酸素は、細胞を酸化させて、身体に悪い影響を与える物質です。

 

わかりやすい例でいうと、鉄を長期間、屋外に放置しておくとボロボロにさびてしまいますね。
これと同じことが、体内で起こってしまうのです。

 

ビタミンCは、活性酸素を身体に悪い影響がないように、分解する働きがあり、これによって、免疫力(主に白血球)の力を高め、いろいろな病気の予防を担っています。

 

ビタミンCを多めに摂ると、カゼにかかりにくくなり、たとえ、かかったとしても、早く治ることが知られています。

 

また、胃がんや肝臓がんの原因の1つである「ニトロソアミン」が作られるのを抑える働きも知られています。

血圧やコレステロールを正常にする

 

ビタミンCは、血圧を正常に保ち血液中のコレステロールを減らす働きもあります。

 

高血圧や、血管内コレステロールがたまると、血液を送り出す心臓に負担がかかります。

 

ビタミンCは、血圧や血中コレステロールを正常にすることによって、心臓病を予防することができます。

発ガン物質ニトロソアミンの生成を抑制

 

胃がんの原因として強く疑われているのがニトロソアミンというがん物質です。

 

ビタミンCのがん予防効果については、ニトロソアミンの生成を抑制する作用などが明らかになっています。

 

また、ビタミンCの摂取は血圧や血中脂質を正常化し、ビタミンEとの併用により、心臓病のリスクを軽減しています。

 

さらには、体内に発生する活性酸素を速やかに消去し、ビタミンEと協同して体の老化やがんなどの生活習慣病を防ぐなど、いま注目を集めている。

 

 

そのほか

 

・動脈硬化の予防。
・慢性疲労症候群の緩和。
・ヘリコバクターピロリ(ピロリ菌)の増殖を抑制。
・ボケ防止。
・頭が良くなる。
・老眼、白内障など目の病気の予防。
・発ガン物質ニトロソアミンの生成を抑制。
・抗ガン剤であるインターフェロンの体内合成を促進。
・コレステロールの胆汁酸への変換に係わる。
・白血球の働きを強化するため抗ガン作用、抗ウイルス作用、解毒作用。
・鉄や銅などのミネラルの吸収を助け、ヘモグロビンの合成を助ける。
・抗ストレスホルモン(副腎皮質ホルモン)の生成。

 

などです。この他も合わせて、約40以上もの大切な働きに関与しています。


基本的な知識 その働きと作用 上手な摂取方法 生理作用と薬理作用 ビタミンCの多い食品